錦江 駅 から 鹿児島 中央 駅。 鹿児島駅

錦江駅

駅 中央 鹿児島 錦江 から 駅

在来線の普通列車は1番のりばが指宿枕崎線専用(日豊本線側に車止めがあり、架線が張られていない)として使用される他は、全ての乗り場を各線で兼用する。 (23年)の九州新幹線全線開業に先駆け、(平成20年)から駅構内(鹿児島)の増築工事が行われ、(平成22年)に竣工した。

7
[16] 天保山・与次郎・市民文化ホール経由 県庁・鴨池港• 旧4番線は3番線(2番のりば)として使用され、上下線どちらの折り返しにも対応しており、旧5番線であった4番線(3番のりば)は国分方面への主本線となっている。 『鉄道要覧』電気車研究会・鉄道図書刊行会• :鹿児島市内(武岡、西陵、皇徳寺、吉野、坂元方面)、姶良市方面• 在来線ではの「」、日豊本線・直通の観光特急「」、指宿枕崎線の観光特急「」が乗り入れている。

駅別時刻表

駅 中央 鹿児島 錦江 から 駅

[74] 西田本通・永吉経由 女子高・玉里町• 中の鹿児島大空襲では駅本屋等が焼失する等の被害を受け、戦災復興事業により(25年)4月に駅舎が完成するまで仮設駅舎が使用され 、完成した2代目駅舎は民間の資金によるとして建設されたものであった。

7
アエールプラザ・アエールタワー• - 駅舎が赤色の塗装から黒色の塗装にリニューアルされる(駅名の文字色は銀から金へ変更)。 アミュ広場()• 2019年度の1日平均乗車人員は 503人である。

鹿児島駅

駅 中央 鹿児島 錦江 から 駅

駅敷地内にはやえきマチ1丁目などに大小250を超える店舗が密集しており、駅周辺の店舗と併せて鹿児島中央駅地区と呼ばれる商業エリアを形成し、地区と並ぶ鹿児島市の一大商業地区のひとつである。 SUGOCAは新幹線では利用できない( - 当駅間含む)。

12
上本町公園• 前者の跡地については2012年現在、隣接する駐車場の通路として使用されているが、ホームが設置されていた頃の面影がある。 路線一覧 [ ] 方面 系統番号・行先 運行 天文館・二中通方面 [1]平川星和台 [2]動物園 [23]県庁・鴨池港 鹿児島交通 大門口方面 [12]三和町 鹿児島市営 [19]鴨池港 南国交通 鹿児島中央駅方面 [11][13]中山・谷山電停(イオン) [4]イオンモール鹿児島・慈眼寺団地 [17]桜ヶ丘団地 [19]紫原・桜ヶ丘団地 [20][27][33]星ヶ峯ニュータウン [22]紫原・オプシア [25][28]皇徳寺ニュータウン [67-1][無番]鹿児島中央駅 [65-1][66-1][68-1][69-1]伊敷ニュータウン [75]永吉団地・西之迫公園 [61-1]健康の森公園・都市農業センター [55-1]スパランドららら [63-1]花野団地 【せんだい号】 【こしきじま号】 鹿児島交通 [2]常盤 [26][36]鹿児島中央駅 鹿児島市営 [11]武岡ハイランド [12]武岡台高校 [13]北部清掃工場 [14]西陵七丁目(西郷団地) [15]大峯団地 [16]鹿児島実業高校・文化工芸村 [18]池田高校・石谷 [27]鹿児島中央駅 [29]市立病院 [30]県庁西・鴨池新町 [市26]明和 南国交通 中草牟田方面 中央駅経由せず [65][66]伊敷ニュータウン [71]伊集院 [56][57]岳 [57]明桜館高校 [60]丸岡 [62][63]花野団地 [50][51][57]上川内 鹿児島交通 鴨池港方面 【特急23】 シーサイドブリッジ経由鴨池港 鹿児島交通 水族館・鹿児島港方面 [2]水族館 [51]錦江町 [63]南ふ頭 鹿児島交通 吉野方面 [26]旭ヶ丘 [36]吉田インター 鹿児島市営 [1]花棚・下花棚・吉田インター [1-2] 吉田インター経由宮之浦団地 [1-3]本城 [1-4]イオンタウン姶良 [2]旭ヶ丘 [3]吉野公園 [4]吉野ゴルフ場 [5]中別府団地 [6]宮之浦団地 [22]吉野・坂元循環 南国交通 [2]玉龍高校前 鹿児島市営 国道10号方面 [66][66-1]姶良ニュータウン [67-1]自動車試験場 [68-1]日当山・重久 [69-1]国分・重久 [無番]牧之原・志布志 鹿児島交通 [10]蒲生・楠田・黒木三文字 南国交通 隣の駅 [ ] 九州旅客鉄道(JR九州) 日豊本線(当駅 - 鹿児島中央駅間は鹿児島本線)• 鹿児島(金生町)• 鹿児島• [22] 吉野・坂元循環 南国• 当ビルはに竣工し 、一部の商業の施設が同年に開業した。

錦江駅

駅 中央 鹿児島 錦江 から 駅

1976年(昭和51年)から使用されてきた4代目駅舎は2018年(平成30年)10月19日で営業を終了した。 関連項目 [ ]• - により当駅を含む西都城駅 - 鹿児島駅間が運転見合わせとなる。 鹿児島 文教施設• 川辺経由 枕崎(特急)• プレミアム館と当ビルを経由し南国センタービルまでつながるも同時に設置予定。

12
久木田 末夫『鹿児島の鉄道・百年』2000年 春苑堂出版• 2021年3月29日閲覧。

鹿児島駅

駅 中央 鹿児島 錦江 から 駅

九州新幹線の全線開業から2019年3月15日まで、在来線のは全線同時発車であったが、2021年3月13日より再び全線同時発車(23時30分)となった。

東西自由通路の新設• 平川経由 知覧・特攻観音入口• 2012年12月4日• [20-1] 広木・山田・星ヶ峯東経由 星ヶ峯• 古くから近傍の地区として発展してきたが、鉄道が開通しも設置されると鹿児島における鉄道の拠点ともなり、陸海の交通の接続する地点となって繁栄した。 (ICカード非対応)、が設置されている。

鹿児島中央駅

駅 中央 鹿児島 錦江 から 駅

このため、当駅を発車する列車は上り列車しか存在しない。 (1991年より) - 天文館、、、、郡元方面 利用状況 [ ] 九州旅客鉄道 2019年度の1日平均は 1,600人である。 石原荘(日本料理)• 鹿児島本線以遠と日豊本線を直通する列車と、鹿児島駅発着の指宿枕崎線の列車は、当駅でを変えている。

3
2020年12月28日閲覧。