京葉 流通 倉庫。 京葉流通倉庫 箱守大輔取締役「要望に感動で応える企業に」|物流ニュース|物流ウィークリー|物流・運送・ロジスティクス業界の総合専門紙

京葉流通倉庫株式会社

倉庫 京葉 流通

当日、ドライバーは到着後、事務所に行くことなくメールで受付を完了し、予約時間になると倉庫からメールでバースに誘導される。

19
市川ロジスティクスセンターの作業要員の稼働状況をRaLCでシミュレーションしたレポート。

京葉流通倉庫株式会社

倉庫 京葉 流通

同取締役は、「三つの部門のバランスは大切」とした上で「流通加工で付加価値をつけ、お客様に喜ばれるサービスを展開したい」と考えている。 労働力不足や人件費の上昇を踏まえ、ロボット化にも取り組む。 県内を中心に約30拠点、トラック保有車両台数は100台を超えるまでの成長の背景には、自社でのシステム開発や最先端機器をいち早く導入するなど、顧客満足(CS)を第一に据え、新たな分野に積極的に取り組んできた実績がある。

15
「お客様の要望に感動で応えられる強い企業を目指す」という同取締役。

トップメッセージ|京葉流通倉庫株式会社

倉庫 京葉 流通

内製化することで顧客の業務手順に応じてカスタマイズするとともに、柔軟に対応することができる」 --業界全体が人手不足で苦しんでいる 「3PL事業は労働集約型産業で、人が財産だと思っている。 配属された戸田ロジスティクスセンターは、開設されたばかりだったという。 若手を積極的に責任あるポジションに就けているほか、女性もドライバーを含めて数多く活躍している。

常に付加価値の高い物流サービスを提供することで、お客様に『京葉流通倉庫 ならやってくれる・京葉流通倉庫 しかできない』と思っていただける、「 なら・しかのONLY ONE」企業として活動をしてきた当社ですが、さらに次世代の物流を見据え、物流サービスと社会全体の最適化を目指すために『新しい物流サービスを創造し人と社会を幸せにする』を企業理念にSocial Logistics(ソーシャルロジスティクス)に挑んでいます。 このため、多業種にわたる物流センターの入出荷から在庫管理業務にいたるまで、トータルな物流システムとそれにともなう情報システムの効率化が求められていました。

京葉流通倉庫株式会社

倉庫 京葉 流通

今回のシステムは菓子メーカーの意向もとり入れた機能を搭載しており、他の物流拠点でも導入を検討しているという。 。

1
実際に同社の業務は経験と勘に頼る部分が少なくないという。

京葉流通倉庫が菓子向けにトラック予約システム運用

倉庫 京葉 流通

システムはインターネットとメール機能を主とし、シンプルさと使いやすさに配慮した。

のちに『埼玉なのに京葉ではおかしいので社名を変えよう』と提案されたが、結局このままでいいのではないかという意見が多く、現在に至っている。 出版物ではずさんな保管の倉庫も目立つ時代だったというが、同センターは「塵や埃が入りにくいよう高床倉庫にした」ほか、書籍専用のソーターを導入するなど、顧客目線でハード面の整備も進めた。

京葉流通倉庫株式会社

倉庫 京葉 流通

メーカーの希望で「早く下ろしてほしい」トラックに関しては別途優先予約枠を設ける。 「今後も、状況や立地を考慮し、自社物件にこだわらず物流不動産なども活用して顧客ニーズに応えて行く」方針だという。

15
また、受付が到着順のため、早く到着して待機するケースもあり、ドライバーの長時間拘束が課題となっていた。

京葉流通倉庫が菓子向けにトラック予約システム運用

倉庫 京葉 流通

これからのニューノーマル時代に求められる次世代の物流サービスを見据えつつ、人と社会を幸せにする「ソーシャルロジスティクス」の構築を目指していきます。 優先予約枠以外の予約枠が入庫前日の予約登録受付開始時刻に開示され、ドライバーがスマホや携帯電話などから予約登録。

8
現在、自社物件は約4割。 京葉流通倉庫(本社・埼玉県戸田市、箱守和之社長)では、独自のトラック入構予約システムを開発した。

トップメッセージ|京葉流通倉庫株式会社

倉庫 京葉 流通

「専用機を導入することで、重版をかけるほどではない需要に対してセンター内で1部から印刷・製本に対応できる」仕組みで、少量多品種化する消費者ニーズをサポートする。 さらに、「必要な時に必要な分だけ届けられる、ジャストインタイムが可能になれば、お客様が余計な保管料を支払わずにすむ」という発想で、2013年にはPOD(プリント・オン・デマンド)事業を開始した。

1
1968年の創業から40年以上にわたり、物流センター運営システムの独自開発、EDI化(企業間の電子化情報交換)の推進、総合物流システムの構築などお客様の個別ニーズに合わせた戦略的な物流システムを開発・提供する京葉流通倉庫株式会社。

トップメッセージ|京葉流通倉庫株式会社

倉庫 京葉 流通

74年京葉流通倉庫入社。 本来、ロジスティクスはモノの輸配送ばかりでなく、それに伴うハード、ソフトを含めた設備と仕組み全体を意味する。

14
2002年に同社が開発した独自のシステムで、パソコンや携帯電話を通じて出版社と書店側の双方で在庫をチェックし、お客様の出荷や発注手続きを支援しています。