もったいない グランマ。 MOTTAINAI もったいない モッタイナイ

環境省_アニメ『もったいないばあさん』の公開について

グランマ もったいない

本アニメの公開は、日本語の「もったいない」の大切さを伝えるものであり、幅広い世代に広く世界に展開されることで、限りある資源と向き合い、もったいない精神が普及・定着するきっかけとなることを目的とするものです。

お母さんやお父さんにもこの作品をご覧いただき、ただ「もったいない」と子どもたちを叱るだけでなく、どうしてもったいないのか。

環境省_アニメ『もったいないばあさん』の公開について

グランマ もったいない

大阪とニューヨークのデザイン学校にて絵本制作を学ぶ。

「寄付付き省エネ自販機」の展開 タ行• まだ生まれたばかりですが、これからどんどんパワーアップしていく期待大のサイトです。

MOTTAINAI もったいない モッタイナイ

グランマ もったいない

『もったいないばあさん』で第3回ようちえん絵本大賞、5作品でけんぶち絵本の里大賞と、びばからす賞を受賞。 ヘルシーなメニューはもちろん、お持ち帰り用のバッグや店員さんのエプロンまで、環境に配慮した素材が使用されています。 大日本印刷株式会社(DNP)は、アニメーションや絵本などの「もったいないばあさん」シリーズのコンテンツを通じて、子どもを中心に、世界の全ての人々が、持続可能な社会の実現について考えるきっかけをつくる「もったいないばあさんプロジェクト」に参画します。

4
(50音順)• 第25回の大賞に『もったいないばあさん てんごくとじごくのはなし』が選ばれました! 「もったいないばあさん」 が選ばれるのは、今回で4回目のことです。 またDNPは、社会貢献活動のテーマのひとつとして、「次世代育成」に重点的に取り組んでいます。

大日本印刷、講談社と環境省主催の「もったいないばあさんプロジェクト」に参画

グランマ もったいない

『もったいないばあさん もったいないことしてないかい?』が、「第18回けんぶち絵本の里大賞」に決定しました! このコーナーでもお知らせしていたように、『もったいないばあさん』『もったいないばあさんが くるよ!』も大賞を受賞しており、「もったいないばあさん」だけで、3度目の受賞という快挙です。 『SDGs100人カイギ Vol. 携帯の「着うた」などで、いつでもどこでも、もったいないばあさんの歌を楽しんでください! ダウンロードは下記のサイトから。

15
びばからす賞を入れると5回目の受賞となりました。

もったいないばあさん

グランマ もったいない

マータイさんはこの美しい日本語を環境を守る 世界共通語「MOTTAINAI」 として広めることを提唱しました。 資源循環行政を担う環境省としても、そのような活動を促進することのみならず、資源を大切にすることや環境の豊かさについて、多くの世代に向けた発信をしていきたいと考えています。

18
女優・声優として数々の作品へ出演。

大日本印刷、講談社と環境省主催の「もったいないばあさんプロジェクト」に参画

グランマ もったいない

「Tポイント募金」• 「おともだち」に掲載された内容が、絵本『もったいないばあさんとぼく』 として発売されています! 講談社の能力開発絵本117 真珠まりこ/作 編集担当者より 2? 当プロジェクトにおいては、グループ会社の丸善ジュンク堂書店にて、店頭のデジタルサイネージでアニメーションを放映するほか、イベントやワークショップの企画・開催などを行っていく予定です。 1957年生まれ。 ダウンロード可能なのは、でもおなじみの 「もったいないばあさん音頭」「もったいないばあさんのえかきうた」です。

4
この受賞は、もったいないばあさんが読者の方に愛されていることの、何よりの証だと思います。

MOTTAINAI もったいない モッタイナイ

グランマ もったいない

マータイさんが、2005年の来日の際に 感銘を受けたのが 「もったいない」という日本語でした。 番組では、作者の真珠まりこさんが、児童労働の問題がもっとも深刻な国のひとつ、インドのスラムを訪れて、自分の目で見たこと、感じたことをリポート。 ぜひ、原作本も親子で読んで、世界のこと、地球のことを語り合ってみてはいかがでしょうか。

18
「トイレットペーパー」の企画・製造・販売• そんななか、講談社は環境省の協力のもと、世界の子どもたちへ日本語の「もったいない」=4R(Reuse、Reduce、Recycle、Respect)の大切さを伝える人気絵本「もったいないばあさん」シリーズ4作品をアニメ化し、6言語(日本語、英語、フランス語、スペイン語、中国語、ヒンディー語)の吹き替えで無料配信します。 だから、アニメーションとなって世界の人たちにもったいないばあさんからのメッセージを見ていただけるのは、とてもうれしいです。