冬 の 花壇 レイアウト。 【画像あり】≪ガーデニング≫冬のガーデニングにオススメの花|

秋から春までゆるく楽しむ「手間いらず」なお花たち

の 花壇 レイアウト 冬

シンボルツリーに脇役を添えたレイアウト シンボリツリー1本では作れない雰囲気も、脇役が揃えば立派なお庭に見えます。 ですが、何にも手をかけないとただの荒れた庭になってしまいますので、最低限のメンテナンスをして行きましょう。 草丈は20~30センチほど。

丸みのある花壇にすると可愛いです。

花壇のレイアウト・花の配置まとめ!綺麗な花壇のデザイン例

の 花壇 レイアウト 冬

草の緑と花の色のコントラストを楽しむイメージです。

18
洋風だとレンガ、和風だと岩を使えば雰囲気が合って見た目も統一感がでます。 イングリッシュガーデンとは、草花を取り入れ、森の中のお花畑のようなイメージで作ります。

【画像あり】≪ガーデニング≫冬のガーデニングにオススメの花|

の 花壇 レイアウト 冬

植える時期(秋〜冬)• 花の摘み取り• 夏だとナデシコ、カンナ、アザミ、ガザニア等。 ~常緑樹や多肉植物・緑で統一するデザイン~ アイビーやコニファー、アオキ、多肉植物のセンペルビウムなど、 一年を通して緑がメインの植物でデザインするのも良いです。 秋にたった1株植えたビオラも、春先にはこの通り、気づけば満開に。

10
それから、見栄えだけでなく、 花を管理することも考えて花をレイアウトするのがコツです。

秋から春までゆるく楽しむ「手間いらず」なお花たち

の 花壇 レイアウト 冬

これにより眺めるポイントがくまなく分散され、花壇全体が植栽で充実して見える様になります。 花が倒れたりすると見苦しくなるため、背の低い花や茎が丈夫な花を選んだほうがいいです。 色の組み合わせを考えておく• しかし、ある程度は出来ますが、やっぱりメンテナンスは必要です。

20
自然に生えている、植えた感のない雰囲気が上手に出せるように花壇を仕上げましょう。 パンジー:10月〜12月• 同じ株から枯れずに何年も花を咲かすことができる多年草と呼ばれる花は、地植えにしてしまえば世話をする手間がいることが少なくガーデニング初心者にはとっておきの種類でしょう。

ガーデニングにおすすめの花壇の作り方!レイアウトやデザインは?

の 花壇 レイアウト 冬

また、葉が白いシルバーリーフなども使って行きます。

6
シンビジウム:4月~5月• スコップで穴を掘ってレンガを縦に埋める作業を繰り返します。

秋から春までゆるく楽しむ「手間いらず」なお花たち

の 花壇 レイアウト 冬

手間ひまかけてお世話したものは愛おしいですが、どれだけ頑張っても枯れるときだってあります。

5
それをすることで土の乾燥や霜柱での葉枯れを抑える事もできます。

秋から春までゆるく楽しむ「手間いらず」なお花たち

の 花壇 レイアウト 冬

花壇の中央に空間を設ける 中央に空間を設ければ容易に立ち入って木々のメンテナンスを行える他、左右に植える庭木もボリュームのある樹形を選ぶ事が出来ます。 種がこぼれて、気づいたらこんなところにちんまりと咲いていることも珍しくない、繁殖力の強いお花です。

庭がないけど花を楽しみたいと言う方、多くいますね。 ウメ:1月〜3月、12月• 秋も深まり、庭の蔦にも鮮やかな赤い色が乗りました。