スタンレー 電気 秦野。 スタンレー電気(株) 実車での検証実験棟を建設 世界最長級の屋内試験施設

スタンレー電気(株) 実車での検証実験棟を建設 世界最長級の屋内試験施設

秦野 スタンレー 電気

さらに,ライトトンネル棟は実車による開発環境と検証環境を実現するもので,全長220mと世界最長クラスの屋内試験施設となるという。

1960年に開設された秦野製作所は、ライト部品の製造、組み立て、検査等のほか営業部門も置くなど全国にある拠点の中でも大きな規模を誇る。

スタンレー電気(株) 実車での検証実験棟を建設 世界最長級の屋内試験施設

秦野 スタンレー 電気

新製品の量産化に向けて製品を試作して評価し、課題を抽出して対策を講じる必要があります。 入社前はペーパードライバーでしたが、自動車で出かける機会も増えました。 来年完成予定のライトトンネル棟は、全長220m、幅21mの平屋建てで、世界最長級の屋内試験施設となる。

20
職業柄、運転中に周囲の車に自社のランプが使われているか、ランプの光り方に目がいきます。

スタンレー電気(株) 実車での検証実験棟を建設 世界最長級の屋内試験施設

秦野 スタンレー 電気

スタンレー電気(株)(本社/東京都目黒区)は、秦野製作所(曽屋400)向かいの同社敷地に、実車による検証実験などを行う施設「ライトトンネル棟」の建設に着手した。 また,みなとみらいテクニカルセンターは,各地方に分散している設計業務を集約し平準化を行なうことで,顧客要望の要件定義を効率的に図面化すことで,システム開発を加速する。

スタンレー電気は,連結子会社のスタンレー鶴岡製作所が隣接地に新工場を建設し,生産体制の再構築を行なうと共に,横浜みなとみらい地区に「みなとみらいテクニカルセンター(MMTC)」の開設および,秦野製作所の隣接地に世界最長級の屋内試験施設「ライトトンネル棟」の建設を発表した(ニュースリリース ,)。

浜心ゴム株式会社■会社概要・沿革■

秦野 スタンレー 電気

その一連の流れを管理するのが私の役割です。

海外勤務とランプの新技術の研究開発に興味があります。

スタンレー電気,開発・製造施設に設備投資

秦野 スタンレー 電気

最近はコロナ禍で難しいですが、休日はおいしいものを食べるために旅行や外出するのが好きです。

今回建設予定の工場、施設の概要は以下の通り。

スタンレー電気,開発・製造施設に設備投資

秦野 スタンレー 電気

技術革新が進んでいる自動車業界におけるランプシステムメーカーとして、高い信頼性と高品質なシステム製品の提案を行い、引き続き継続的な受注確保を目指していきたい」と同社担当者は話している。 完成後は、前方に車両が走行している場合でも、ハイビームと同じような視界で走行することができる機能や悪天候での配光システム他の開発・検証が行われる。

11

スタンレー電気,開発・製造施設に設備投資

秦野 スタンレー 電気

(から続く)東京農工大学工学部では応用分子化学を専攻し、発光ダイオード(LED)素子に使われている半導体の研究をしていました。 海外に関係会社があることも選んだポイントです。

13
2年目は量産品の品質管理部門に1年間所属しました。