皆川 博子。 皆川博子 おすすめランキング (382作品)

【皆川博子】さんの’’美しすぎる’’超おすすめ小説5選

博子 皆川

『冥府巡』(1991、新潮社)• これが「」3位、「10」など界でも非常に高く評価され、界に返り咲く。 第51回 該当作品なし• のレーン (、)• またも受賞した。 良いことなのか悪いことなのか、怖がりなのは幾つになっても変わらないですね。

15
各ストーリィの時代背景は、現代ではなく古い時代に設定、特に戦時中に設定されている作品も多く、それだけにちょっと厳めしい雰囲気がなくはなし。 このノートに秘められた悪意とは、、? 女学生たちならではの美しさと残酷さを取り入れながらも、ミステリーとしてのストーリー構成も見事です。

皆川博子 新刊情報 (382作品)

博子 皆川

一方、 1915年 の ドイツ。 、大作『死の』でを受賞。 現実的な恐怖も、非現実的な恐怖もどちらも苦手ですね。

そこに住まう、一人の男の物語です。 耽美、退廃、官能を求める方におすすめの一冊です。

皆川博子とは (ミナガワヒロコとは) [単語記事]

博子 皆川

- 『冬の雅歌』で第7回候補。 『現代の小説1989』(1989年5月 徳間書店)「たまご猫」• 相次ぐ空襲、戦車部隊による蹂躙、ゲリラとなった兄の運命、とハードな現実を臆すことなく描いています。

『 U ( ウー )』(2017、)のち• 『成り行きにまかせて ベスト・エッセイ2005』(2005年6月 光村図書出版)「最新設備」• 皆川博子による、ゴシックミステリーの金字塔『聞かせていただき光栄です』 物語の舞台は、解剖が神の意思に反する罰当たりな行為とされていた18世紀のロンドン。 故郷や家族から切り離され、名前も宗教も奪われるという理不尽な目にあってなお日々を生き抜いていかねばならない。

孤高の作家の知られざる幻想ミステリを集成 皆川博子さん「夜のアポロン」インタビュー|好書好日

博子 皆川

幻想的なモチーフが随所に散りばめられているので、舞台が日本でありながら異国の物語を読んでいる気分にさせられる不思議な短編集でもあります。

16
『開かせていただき光栄です』は、わたしにしては本格ミステリを意識した作品です。 ただこの辺りは、 藤本ひとみ さんの歴史小説や、 佐藤賢一 さん 「小説フランス革命」 を思い出させられるようなもの。

皆川博子 おすすめランキング (382作品)

博子 皆川

『聖餐城』 二人の少年の友情を軸に、17世紀前半のヨーロッパを描いています。 『剣よ月下に舞え』(2001年5月 光風社文庫)「妖笛」• 第118回 該当作品なし• 『会津恋い鷹』(1986、講談社)のち講談社文庫• その U19には、ハンスをよく知る王立図書館の司書 ヨハン・フリードホフ が客分として乗り込みますが、もう一人、かつてハンスの世話になった水兵 ミヒャエル・ローエ が乗り込んでいた。

これ、正方向か逆方向かはさておき、作者自身のメンタリティともつながってくる部分なんでしょうか。 『伯林蝋人形館』(2006、文藝春秋)のち文春文庫• 『ライダーは闇に消えた』(1975、講談社)• 第119回 『』• 今日の目次• 皆川博子さん、これまで名前をよく目にしていたのですが、私にとっては本書が初めての皆川作品読み。

皆川博子|プロフィール|HMV&BOOKS online

博子 皆川

『幻夏祭』(1991、読売新聞社)• ところが、妊娠6ヶ月の女性遺体を解剖しようとしていた時、暖炉の隠し場所から、四肢を切断された少年、顔を潰された男性の2遺体が降ってわいたように現れます。 『巫女の棲む家』(1983、)のち中公文庫• 同じく18世紀英国を舞台とし、前作の登場人物も大きく関わってくるため前作は必読です。

10
ジャコブとドミニクっていうかドミニクのジャコブへの気持ち・・・あれは・・・もう言い逃れできねえよ・・・。