玉 の を よ た えな は 絶え ね ながら へ ば 忍ぶ る こと の 弱り も ぞ する。 玉の緒よ 絶なば絶えね ながらへば 忍ぶることの よわりもぞする

89.式子内親王の歌:玉の緒よ絶えなば絶えねながらへば~

ね ながら こと ぞ 忍ぶ も 玉 よ する を の 絶え えな の は 弱り ば る へ た

「玉の緒よ」 玉の緒とは、首飾りなどに使われる玉を貫く紐のことです。

2
縁語 縁語とは、 一首の中にある語とそれに縁のある語を歌の中に詠みこむ修辞技法のひとつです。 斎院に立った式子は、愛や恋といった人並みの生活が許されず、生涯を深窓にすごさねばならない女性だったのです。

玉の緒よ絶えなば絶えねながらへば忍ぶることのよわりもぞする/式子内親王百人一首解説

ね ながら こと ぞ 忍ぶ も 玉 よ する を の 絶え えな の は 弱り ば る へ た

ただし、あくまでひとつの技巧として取り入れることが重要であるため、歌の展開上必然的に関係する語は縁語とは呼ばれません。 式子内親王は、「 梁塵秘抄 りょうじんひしょう」の編纂などで知られる後白河天皇・法皇の皇女で、(かもさいおう)を務めた。 当時の貴族社会の深窓の令嬢たちにとって、知識人の僧侶がしばしば一種の偶像のような存在であったことは「枕草子」などにも見え、不自然ではない。

10
このウェブページでは、『89.式子内親王の歌:玉の緒よ絶えなば絶えねながらへば~』の歌と現代語訳、簡単な解説を記しています。

百人一首 89番歌 玉の緒よ 絶えなば絶えね ながらへば 忍ぶることの 弱りもぞする

ね ながら こと ぞ 忍ぶ も 玉 よ する を の 絶え えな の は 弱り ば る へ た

文法と語の解説• 「玉の緒」とは『身体と魂を結んでつなぐ緒』のことを指し、耐え難い恋煩いに対して、「いっそのこと死んでしまいたい」という想いを歌にしました。

7
「玉の緒よ絶えねば絶えねながらへば忍ぶることの弱りもぞする」の鑑賞 こちらの短歌は、 二句までの激しさと、三句以降の儚げな不安が対照的な歌です。 もし事実であれば定家との身分さからも、「忍ぶ恋」であったことは間違いありません。

89.式子内親王の歌:玉の緒よ絶えなば絶えねながらへば~

ね ながら こと ぞ 忍ぶ も 玉 よ する を の 絶え えな の は 弱り ば る へ た

高倉天皇は異母弟にあたる。

【忍ぶる】 「堪え忍ぶ」という意味です。

【玉の緒よ絶えねば絶えねながらへば忍ぶることの弱りもぞする】徹底解説!!意味や表現技法・句切れなど

ね ながら こと ぞ 忍ぶ も 玉 よ する を の 絶え えな の は 弱り ば る へ た

大きい故に他の鐘よりずっと低い、ブオーンという重厚な音で親しまれています。

19
この歌の人気は高く、詩人の萩原朔太郎も「悲恋の歌人式子内親王」の中で、「式子内親王の歌は、他の女流歌人のそれと違って、全くユニークで独自の情趣をもっている。 中でも恋心を題材にした歌は、『万葉集』や『百人一首』など古来の歌集でもたびたび詠まれてきました。

百人一首 89番歌 玉の緒よ 絶えなば絶えね ながらへば 忍ぶることの 弱りもぞする

ね ながら こと ぞ 忍ぶ も 玉 よ する を の 絶え えな の は 弱り ば る へ た

鶯はまだ声せねど岩そそぐ垂水の音に春ぞ聞ゆる• 梅花恋しきことの色ぞそふうたて匂の消えぬ衣に• 小倉百人一首 八十九 式子内親王(しきし、のりこないしんのう) 玉の 緒 をよ絶えなば絶えね ながらへば忍ぶることの弱りもぞする 新古今和歌集 1034 玉の緒の命よ 絶えるのならば絶えてしまえ。 母は藤原成子(藤原季成の女)で、 守覚法親王・亮子内親王(殷富門院)・高倉宮以仁王は同母兄弟。

5
相手は誰かというと、藤原定家の名前がよく上げられますが、これは伝説に過ぎないとも言われています。 恋を忍ぶ意志が弱くなっても困るから。

式子内親王 玉の緒よ絶えなば絶えねながらへば忍ぶることの弱りもぞする

ね ながら こと ぞ 忍ぶ も 玉 よ する を の 絶え えな の は 弱り ば る へ た

「ながらへば」 「長らふ(ながらふ)」の未然形+ば(接続助詞)になるので、「生きながらえてしまうのであれば」と訳します。 」(峯村文人)と評されています。

7
註 作者の代表作で、新古今和歌集、小倉百人一首、ひいては和歌史上屈指の名歌とされる絶唱。 萱斎院、大炊御門斎院とも呼ばれた。

【百人一首 89番】玉の緒よ…歌の現代語訳と解説!式子内親王はどんな人物なのか|百人一首解説サイト

ね ながら こと ぞ 忍ぶ も 玉 よ する を の 絶え えな の は 弱り ば る へ た

式子は結婚を制限された高貴な身分のため、恋を実らせるどころか人にも話すことができない状況でした。 後白河天皇の第3皇女。

歌自体には歴史的な背景や逸話があるわけではなのですが、人物の風格と誠実さが伝わってくる歌ですね。 命令形の用例はかなり珍しい。

玉の緒よ 絶なば絶えね ながらへば 忍ぶることの よわりもぞする

ね ながら こと ぞ 忍ぶ も 玉 よ する を の 絶え えな の は 弱り ば る へ た

本年は本当に多数の読者の方々にご愛読いただき、誠にありがとうございました。 そしてこの和歌集の特徴としてあるのが恋の歌が多いこと。

13
スポンサーリンク 優れた歌を百首集めた 『小倉百人一首』は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて活躍した公家・歌人の 藤原定家(1162-1241)が選んだ私撰和歌集である。 お正月といえば家族一堂に会して百人一首のかるた取りなどはいかがでしょうか。